春先に発芽させ、猛暑の夏に涼しい風を提供してきたゴーヤ。
12月17日月曜日、出勤するときれいに刈り取られていました。さらに、力任せにツルを引っ張ったのでしょう、支柱は曲げられ、ネットはボロボロ。越冬までは難しいと思いますが、切られた茎はまだ青々。前回、「がんばれゴーヤ」とエールを送ったことが寂しく感じられます。
「よかれ」と思った行為にしても一言ほしかったし、他人の物を勝手に処分することなど、常識を疑いたくなります。さらに、刈り取ったツルがビニール袋に入れられてプランターの横に置かれているのは悪意があったとも・・・。
防犯カメラを見直せば、誰が刈り取ったかはわかりますが・・・・・!暮れにきてこんなことになるとは夢にも思いませんでした。

ただただ残念。