町田ハンディキャブ友の会では、車両による送迎の他にホームページ「町田市バリアフリーマップ」の運営管理を行っています。運営費として町田市福祉総務課より補助金を受けておりますが、この度、同課より更なる業務の要望があり、12月4日のバリアフリーマップ担当者定例会議でその説明がありました。

今回実施要望されているのは、国土交通省による「みんなでつくる バリアフリーマップ」というもので、すでに作成マニュアルやソフトが配布されていて、すてにそのソフトも町田市が配布を受けています。
要望の業務内容は、現在作成している「町田市バリアフリーマップ」の情報を元に国交省のマップ作成というものです。作成に関しては当法人内で精査して、実施するこことになります。

本業の送迎以外に少しづつではありますが、地域貢献の仕事が増えてきました。ありがたいことですね。